直前模試を受けて準備を万端にしよう

直前模試を受けて準備を万端にしよう

簿記などの資格試験の場合、予備校などによって直前模試という形でそこの学校に通わなくても受けられる模擬試験を受験することができます。

会場の何となくの雰囲気や本番での緊張をある程度和らげるためにも是非こういったものは利用しておきたいところですね。

というのも私が実際に試験を受ける前にこの模試を受けさせてもらったことがあったのですが、そこで何とも愚かな間違いをしてしまい、その模試では合格点には届かなかったことがあるんです。

勉強はみっちりしたつもりだったので、問題自体を間違えるといったことはなかったのですが、ちょっとした写し間違い、計算のケアレスミスなどが本当に多かったんです。
これが本番だったと思うと。。
のようなことを考えると何とも恐ろしいことだったのですが、模試の段階でそういった間違いをしたおかげで、本番ではそういった間違いをすることもなく合格できたことを考えればあのとき模試に支払った代金は決っして損にはならなかったということですね。

「そんなあほみたいな間違い、私はしないよ。」

もしかしたらそんな風に考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、私も以前は全く同じことを考えていたということを言っておきたいです。

そういった利点の他にも、やはり予備校などでは結構な確立で当たる予想問題を出題してくれることが多くなっていますので、ただ単に受けただけでも合格する確率は随分と上がるのではないでしょうか。

もちろん時間に余裕が無ければ無理して受けなければならないようなものでもありませんが、もしちょっと時間に余裕があるのであれば、受けておいて決して損にはならないと思いますよ。

資格の大原の直前模試情報



このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する