日商簿記検定の日程と受検料

日商簿記検定の日程と受検料

簿記検定には日商簿記検定と呼ばれるものと全経簿記検定と呼ばれるものなどいくつか種類があるのですが、一般的に簿記と呼ばれるものは日商簿記検定の方だと思って間違いないでしょう。

全経簿記検定の場合は工業科に通う高校生などが学校で受験することが多くなっていますが、日商簿記検定の場合は最寄の商工会議所と呼ばれる場所で申し込み・受験をすることになります。

商工会議所は大体大きな駅の近くには必ずと言っていいほどあるものですので、名前だけでも聞いたことのある方も多いでしょう。

場所はネットなどで最寄の商工会議所をすぐに見つけることができるはずですが、もし分からないような場合は駅前にある交番などで聞けば必ず詳しい場所を教えてくれます。


【簿記2級の日程と受験料】

日商簿記2級の試験は毎年2月、6月、11月の計3回行われます。

原則申し込みは受験日の2ヶ月前までに済まさなければならないことになっていますが、詳しい細かい日にちなどはその年にならないと発表されないため、受験を考えてる3ヶ月前までには詳しい日程を調べておいた方が良いでしょう。

試験時間は商業簿記、工業簿記併せて計2時間となっています。

受験の申し込みは先述の通り、受験日の2ヶ月前までに商工会議所に申し込まなければなりません。

その際に持参しなければならないものとして、

  • 商工会議所指定の申込書
  • 受験料4500円

が必要となります。

なお、一回申し込みをしてしまうと変更や取り消しはできなくなっていますので、しっかりと勉強をする覚悟を決め手から必ず申し込みはするようにしましょう。



このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する