簿記2級の独学で合格法

簿記2級を独学で合格!

簿記2級

簿記という言葉をご存知の方も多いかもしれませんが、簿記というその名を聞くだけで頭が痛くなってくるという方も多いかもしれません。

確かに簿記自体は決して簡単に取得できるようなものではありませんし、特に今まで簿記とは無縁だったような方にとっては非常に難易度の高いものとなるでしょう。

私自身も独学だったということもあり合格までの道のりは決して簡単なものではありませんでした。

といいますか、本当に大変だった。。

しかしこれは何にでも言えることだと思うのですが、何か新しいことを始めたときには最初の頃は何でも苦労するものです。

仕事などでも新しく始めたときには本当に苦労すると思うのですが、ある程度慣れてくると初めの頃のような一種の混乱のようなものは徐々に薄れていくのではないでしょうか。

簿記の場合にもこのことは同じことが言えますので、最初のうちは訳の分からないことがほとんどだと思いますが、しっかりと定期的に勉強をすることで段々と簿記自体に慣れていき最終的には「何でこんなことも分からなかったのだろう。。」とさえ思うようになります。

このサイトでは簿記2級の合格を目指している人が、少しでも早くその最初の不安定な段階を脱出できるように私の経験も踏まえてご紹介していくつもりです。

色々と使い勝手の良い簿記2級の最短合格を目指して一緒に頑張っていきましょう!

簿記2級は就職・転職に有利?

簿記2級

色々とネットなどで調べていると、最近の経理の仕事はほとんどがパソコンなどで用が済んでしまうため簿記2級の資格を持っていたところで何の役にも立たないといったある意味身も蓋もない意見を目にすることがあります。

これらの意見は恐らく実際に経理の仕事に就いている方たちのものでしょうので、これらはこれらで間違いはないと思うのですが、全く意味の無いものということにはそれなりにやはり語弊があると思います。

確かに簿記2級の知識は実際に帳簿を作る際にはパソコンのソフトが代わりにしてくれるかもしれませんが、帳簿の読み方まではソフトでは理解することはできません。

もし経理の仕事に就かないとしても自分が勤める会社の財務状況を読むことで自分が何をするべきなのかということも明確になりますし、何より自分の会社が今どのような状況なのかということが分かるようになります。

経理に限らずそういった技術は会社のあらゆる仕事でこれからも求められるようになりますし、実際に会社の採用で簿記2級を持っていることで圧倒的に有利になることからもそのことは明らかでしょう。

簿記2級を持っているだけで「あ。こいつはそれなりに帳簿を理解できるな。」というメッセージともなりますので、それがどれだけ履歴書に花を添えるものなのかも分かっていただけると思います。

何でも持っていないよりも少しでも持っている方が断然良いと個人的には考えていますが、簿記2級に関してはやはりそれ以上のものとなるでしょう。

勉強に関してはやはりそれなりに苦労するとは思いますが、その分帰ってくるものは大きくなりますので、是非この機会に簿記2級試験にチャレンジしてみましょう。


このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する